Project/事業内容


その他、上記項目に関連するWeb企画・制作、システム開発、総合印刷、イベント、企画・編集、デザイン、運営業務の支援

  →ホームページ、広報誌、マニュアル、動画コンテンツ、教育・研修コンテンツ 等



1.ソーシャル・ビジネスの企画・実施

2012年、中堅・中⼩企業の異業種交流を兼ねたビジネス・ツアーとしてスタートしました。以来、年1〜2回持続開催。ここ直近の2回は中⼩ビルのオーナーやビル管理会社等を対象に2020年までにその屋上等、人工地盤を緑化する啓発事業を目指してツアーを開催してきました。又、過去、このテーマに限らず、千代田エコツアー(千代田区内の環境対応施設)、東京スーパーエコタウンの視察ツアー(都有地を活用した廃棄物処理)、すみだエコツアー(⾬⽔の有効活用等)も実施。現在まで、8回のツアーを⾏っています。

 

詳しくは「Sustainable Tourページ」をご覧ください。

●カードゲームの開発

2017年のエコプロダクツで展示・中間報告しましたカードゲームを開発中です。

 

これからの時代を生きる人たちの必要とされる「資質・能力」には、

●主体的に課題を発見し、解決に導く力、志、他者と協力対応するリーダーシップ
●創造性、チャレンジ精神、忍耐力、自己肯定感
●感性、思いやり、多様性を受容する力
と言われています。さらに。自らを俯瞰的・客観的に捉える「メタ認知」は、様々な活動の場面において発揮することが求められ、全体を通じて必要な能力として位置づけられます。

これら資質・能力を育む上で重要なスキルが「コミュニケーション能力」です。

コミュニケーション能力とは、

「いろいろな価値観や背景をもつ人々による集団において、相互関係を深め、共感しながら、人間関係やチームワークを形成し、正解のない課題や経験したことのない問題について、対話をして情報を共有し、自ら深く考え、相互に考えを伝え、深め合いつつ合意形成・課題解決する能力」(H.23コミュニケーション教育推進会議/文科省)」

と定義されています。

 

私たちはサステイナビリティな社会実現に欠かせない「自己理解」と「他者理解」のコミュニケーション能力に焦点を当てた、カードゲーム~研修を開発しています。


2.就活学生の教育・人材育成支援

2008年、学⽣目線で考えた21の指標で企業の環境/CSR報告書を分析・評価・報告するプロジェクト(ECO REPORT WAY 21)を始めて9年目となります。
現在、学生は自主的に活動し、大企業を中心に72社の企業を分析・評価、58社の企業(延べ数)と意⾒交換を⾏っています。

さらに2010年からは、その実績を背景として毎年、企業のCSR報告書を産学協働で企画・制作しています。

ECO REPORT WAY 21 Facebook  →     https://www.facebook.com/EcoReportWay21

>>>実施企業

・大谷清運株式会社 http://www.otaniseiun.com/csr.html

・ニッセイエブロ株式会社 https://www.eblo.co.jp/csr/report/


3.環境マネジメントシステム構築・運用支援

環境マネジメントシステム(ISO14001、エコアクション21等)を運用している中堅・中小企業向は財政的・人材的資源が限られている場合が多く、又、得られる効果より環境マネジメントシステムの取得〜運用に様々な課題を抱えているケースが⾒受けられます。本事業は今年より開始し、2社が自己宣言を実施しています。
当NPOでは教育・研修を受けた企業人や学生、又、大学等の有識者、CEAR登録環境マネジメントシステム主任審査員等による「自己宣言」の第三者評価を⾏います。これにより環境マネジメントシステム運用の客観性を維持することが可能です。

 

 

ダウンロード
EMS自己宣言 フライヤー
EMS Self.pdf
PDFファイル 317.2 KB